トリキュラー21/トリキュラー

ピル(トリキュラー)の飲み方

ピルの飲み方には代表して2つの方法があります。

 

Day1スタート

月経が始まった第1日めからのみはじめる方法です。
飲み始めたその日から避妊効果があります。
生理の始まりの日によってピルの飲み始めの日が決まりますので、カレンダー通りではないので管理がしずらい。

 

Sundayスタート

月経が始まって最初の日曜日からのみはじめる方法です。
この方法ですと、シートの変わり目が必ず日曜日になりますので、管理がしやすくなります。
また生理(消退出血)の来る日が必ず平日になりますから、日曜日などの休日の予定が立てやすくなります。
ですが、はじめた最初の14日間は避妊効果がありませんのでコンドームなど違う避妊法を使用してください。

ピルを飲み忘れたとき

ピルは毎日飲んで、初めて避妊効果がありますので、飲み忘れたりしますと避妊効果がぐんと落ちます。

 

ピルの飲み忘れが無いように、いろんな工夫を考えておきましょう。

 

たとえば、毎日必ずすることに追加するといいかも知れません。(歯磨き・食事・お風呂など)

 

歯ブラシのあるところにピルをおいて置けば、必ず歯ブラシの後ピルを飲む習慣が付きます。

 

人それぞれに生活習慣は違いますので、あなたにあった方法を考えて上手に習慣付けをして下さい。

 

ピルを飲み忘れて24時間以内

この場合ですと、気が付いたときにすぐに1錠ピルを飲んでください。気が付いたのが次の日でしたら、その日は忘れた分1錠とその日に飲む分の2錠を飲めば大丈夫です。

 

ピルを飲み忘れて24間以上経った場合

この場合は、はじめからやり直しだと思ってください。
1週間以内に生理(消退出血)がきますので、その後 「Day1スタート」「Sundayスタート」のどちらかではじめてください。
避妊が目的でない方は、そのまま飲み続ければいいです。

 

ピルの飲み忘れに関しては、いろんなサイトがありますが、結構いい加減なことを書いているサイトが多いので、惑わされないでください。
避妊を目的とした方が、24時間以上飲み忘れた、1からやり直しと思うのが一番確実です。

ピルの長期飲み忘れのときや避妊していない危ない日に中出しをしてしまった場合

この場合は、妊娠の可能性がかなり高くなりますので、もしそれが望まない妊娠であるのなら「モーニングアフターピル(緊急避妊薬)」を72時間以内に1錠飲んで下さい。
72時間以内にアフターピルを飲めば90%ぐらいの確立で避妊効果を得ることが出来ます。

 

避妊できたかどうかは、次の生理がきたことで確認できます。生理が来ない場合には妊娠の可能性があります。

 

アフターピルを早く飲めば飲むほど避妊の確立が高くなります。たとえば24時間以内でしたらほぼ100%避妊できます。

 

こんな場合は緊急ですので、医者に行くと膣洗浄などいろんなことをして、高額の治療費を請求してきます。
アフターピル1錠で1万円は軽く取ります。それにプラス治療代です。

 

こちらも焦っているから言いなりに支払ってしまいます。医者の思う壺です。

 

「モーニングアフターピル(緊急避妊薬)」はピルで避妊を考えている方は、必ず1年の内にはウッカリ飲み忘れがありますので、事前に購入しておくことをおすすめします。
万が一のときにすぐに自分で対応できますし、妊娠中絶など体に傷をつけないで済みます。

 

アフターピルは、中用量ピルになりますので、トリキュラーなどの低用量ピルに比べて、ホルモンの量が多いので、24時間以内に副作用がきます。

 

つわりのような吐き気や、生理痛のような腹痛など、人によって様々ですが、妊娠して中絶をすることに比べたら問題になりません。

 

「モーニングアフターピル(緊急避妊薬)」は自分を守るために、必ず事前に用意しておきましょう。

 

>モーニングアフターピル(緊急避妊薬)を準備しておく

トリキュラー21の購入

トリキュラー x 21錠 x 1箱】⇒⇒ 2,780円

トリキュラー x 21錠 x 3箱】⇒⇒ 3,680円 (1箱あたり 1,227円)

トリキュラー x 21錠 x 5箱】⇒⇒ 4,180円 (1箱あたり 836円)

トリキュラー x 21錠 x 7箱】⇒⇒ 4,780円 (1箱あたり 683円)

トリキュラー 1年パック(21錠 x 12箱)】⇒⇒ 6,580円(1箱あたり 548円)

1年パックが1番人気です。!